〒277-0032
千葉県柏市名戸ヶ谷
741-18

電話マーク

お電話

メニュー

口内炎 イメージ
見出しアイコン

口内炎

口内炎を治しましょう

口内炎はいつの間にかできて、すぐには治りません。
しみたり、痛みが出てつらい口内炎はさまざまな種類があり、適切なケアをすることが大切です。

口内炎の症状が長引かないためにも、しっかりケアをして口内炎を治しましょう。

口内炎を治すためには、清潔で細菌が少ないお口の環境と規則正しい生活でバランスのよい食事を取って免疫力をアップすることが大切です。

できることから口内炎の予防をはじめていきましょう。

目次

こんなお悩みありませんか?

  • 口内炎が痛い
  • 口の中が乾燥して口内炎ができやすい
  • 口内炎がいくつかできている
  • 口内炎がしみて食事ができない
  • 矯正器具が当たって口内炎になっている
  • 同じ部分が口内炎になりやすい

口内炎について

口内炎の特徴

●口内炎の特徴

口内炎の症状はさまざまで、口の中の粘膜に痛みを伴う炎症を引き起こします。
いくつもできる場合もあり、頬の内側など広い範囲にできる炎症で痛みが出ることが多いです。

●口内炎の症状

口内炎とひとくちにいっても、軽度から重度までさまざまな症状があります。

一般的に一番多くみられる口内炎はアフタ性口内炎で原因ははっきりしていませんが、「物理的刺激」「疲れによる免疫力低下」「睡眠不足」「栄養不足」などが考えられています。

白や黄色の膜で覆われた2~10ミリ程度の潰瘍ができ、食べ物がしみることがあります。
通常は1~2週間程度で消えて、後も残りません。

なかなか治らない時や繰り返し同じ場所に口内炎ができる場合は、ベーチェット病などほかの病気薬が影響している可能性があります。
口内炎は、歯医者を受診することをおすすめします。

口内炎の原因

生活習慣による口内炎

お口の中の粘膜は代謝を繰り返して再生していますが、「睡眠不足」「栄養不足」が続くと代謝が上手くおこなわれず、粘膜の再生が低下します。
そうすると、荒れただれになって肌にあらわれます。

粘膜の健康に関わるビタミンBは、「疲労」「激しい運動」「ストレス」「体調不良」などで失われ、口内炎を引き起こしやすくなります。

そのため、規則正しい生活栄養バランスの整った食事をしてリラックスして過ごすことが口内炎予防につながります。

病的口内炎

口内炎の原因として身体の不調も考えられます。
風邪で発熱した時にビタミンを消耗することから口内炎を引き起こしやすいです。

また、ほかに疾患がありその治療の薬を服用しているため口内炎ができることもあります。
お口の中にはいろいろな細菌がいて、お互い抑制しながら細菌カビの繁殖を防いでいます。

しかし、抗生物質の長期服用などでこのバランスが崩れてしまうと、口内炎を発症する場合があります。

細菌やウイルスによる口内炎

口の中には多くの細菌が生息して、お互いに牽制してバランスを保っています。
しかし、体調不良などでこのバランスが崩れると口内環境が変化して、特定の菌が増殖することにより炎症や口内炎を引き起こします。

また、夏場に活発になるウイルスもあり、感染すると強い痛み高熱が出る場合があります。

口の中は食事をする時などにウイルスや細菌の影響を受けやすいため、これらの増殖しやすい環境を防ぐために口内を清潔に保ちましょう。

口内炎の治療

長引かないために早めの対処が必要

口内炎は、普段の生活の中に取り入れられる方法で予防していくことも大切です。
口内炎ができにくい口内環境作りと、できてしまった時に対処する方法についてご紹介します。

口内炎の治療は、張り薬や軟膏を塗布して患部の炎症や痛みをやわらげる方法と、お口の中を清潔にして免疫力を上げる方法の2通りがあります。

両方併用しておこなうとより効果的に口内炎を治すことが期待できます。
1度口内炎になると1~2週間は治らず、食事をすることがストレスになることも少なくありません。

口内炎ができたらすぐに対処して、早く治るような生活習慣治療でお口の健康を整えましょう。

口内炎の対策

●塗り薬

口内炎が複数あったり、患部の範囲が広い時にも使用できます。
炎症部分に直接塗って口内炎を保護し炎症を抑えることを目的とした軟膏があります。
ステロイドを含んだものは即効性が期待できますが、ウイルス性の口内炎に使用すると悪化する可能性があるため気をつけましょう。

塗り薬を塗布する時には手洗いをして、歯磨きうがいをして口内を清潔にしてから、綿棒などで少量を取り口内炎を覆うようにしましょう。
この時、塗りつけるのではなく、口内炎の上にのせるイメージで塗布しましょう。

● 貼り薬

貼り薬は、炎症が小さい部分に適しています。
触れると痛みが出る口内炎は、食べ物などの刺激に敏感なので、患部をしっかりカバーする貼り薬がおすすめです。
はがれにくいシートタイプのものや、自然に溶けるタイプのものなどいくつか種類があります。

ご自身の使用しやすいタイプの貼り薬を使用するようにしましょう。

●レーザー治療

歯科ではレーザー治療を導入しているところもあります。
口内炎のレーザー治療は炭酸ガスレーザーなどを照射して、殺菌・消毒をして炎症を和らげる方法です。
この治療は痛みが少なく、口内炎の治りが早くなることが期待できます。

歯科治療では神経の治療で根の中をきれいに殺菌する時にも使用しますし、お子さんでも受けることができる安全な治療です。

●内服薬を服用する

口内炎の大きさや範囲に関わらず服用することが可能です。
痛みや腫れを抑える鎮痛薬や、粘膜の働きを促進して健康な状態を保つビタミンが配合しているものもあります。
ビタミンを配合している緩和薬は、じっくり症状を緩和しながら口内炎を長引かせずに繰り返さないようにします。
食事ができないくらい痛みがある時も、錠剤を飲むことでビタミンのバランスを整えて粘膜の健康をサポートします。

また、緩和薬は疲労回復ニキビの改善肌荒れなどにも服用される場合があります。
ビタミンが配合されている内服薬は、ドラッグストアなどでも販売しています。
市販薬を上手に活用してつらい口内炎を早く治しましょう。

●歯磨き・うがいで口内を清潔に

口内炎になってしまった後も、正しい歯磨きとうがいでお口の中を清潔にして細菌が増えない環境を作ることが大切です。
そうすることが「悪化させない」「治りを早くする」ことにつながります。
歯磨きは食後に丁寧におこなって汚れを残さないように、デンタルフロスなどのデンタルグッズも取り入れましょう。

また、口内炎の部分には触れないように磨き、歯磨き粉やうがい薬も刺激の少ないものを使用しましょう。
うがい薬は刺激の少ない殺菌効果があるものを選ぶと、効果的に細菌を減らすことができます。

仕事や学校で歯磨きができない場合には、うがいをして汚れを落としましょう。

●休養を取る

口内炎ができている時は免疫力が低下しているサインです。
細菌と戦う力が弱くなり口内炎ができてしまうため、十分な休養栄養バランスの取れた食事をすることが大切です。

また、口内炎とストレスが大きく関係していることをご存知でしょうか?
強いストレスを感じるとビタミンBが大量に消費されてしまい、粘膜を保つことができずに炎症を引き起こすのです。

ストレスをためないような生活を心がけ、ご自分に合ったストレス解消方法をみつけておくことも大切です。
次のようなストレスを上手に発散できることを日頃から取り入れてみましょう。

・ゆったりとお風呂に入る
・読書する時間をとる
・軽いジョギング
など

口内炎を治すために必要な栄養素とは

口内炎に配合されている成分は「殺菌成分」「抗炎症成分」「消毒成分」があります。
また、粘膜を保護する作用があるビタミンB群を、食事やビタミン剤で補うことで症状を軽減することが期待できます。

ビタミンB群の効果は次の通りです。

・ビタミンB1
皮膚や粘膜の健康維持を助ける

・ビタミンB2
皮膚や粘膜を維持する働きとタンパク質や脂質の代謝を正常化する働きが新陳代謝を促します。

・ビタミンB2ga
欠乏すると皮膚炎や口内炎を引き起こします

・ビタミンB6
免疫機能を維持するために働き、皮膚や粘膜を正常に保ちます。
脂質・タンパク質の代謝を正常化して肌の新陳代謝を促します。

・ビタミンC
コラーゲンの生成により、毛細血管・皮膚・粘膜を正常に保ちます。

・ビタミンE
血行促進作用により患部のうっ血を助け、抗酸化作用により細胞の正常な働きを補助します。

 

ビタミンが多く含まれている果物などの食品を積極的に摂取して、ビタミンを有効的に取り入れましょう。

口内炎になりにくい生活習慣を

ビタミンの豊富な食生活を

バランスの悪い食事は口内炎には大敵です。
栄養の中でも「ビタミンB」「鉄分」の不足は注意が必要です。

女性は鉄分不足になりやすい傾向にあるため、次のような鉄分が多い食品を取り入れましょう。

・レバー
・しじみ
・あさり
・煮干し
など

また、粘膜や皮膚の健康維持を助けるビタミンB群も積極的に摂取しましょう。
ビタミンB群は相互に助け合って働くため、同時に摂取すると効果的です。

正しいケアで口内環境を整えましょう

歯石や歯垢などの汚れは細菌やウイルスの温床になるため、口内炎ができやすくなってしまいます。
基本的なことですが、毎食後の歯磨きうがいをしっかりおこないましょう。

そして、口呼吸をしている方はお口が乾燥して、細菌やウイルスが増えやすく、口内炎が悪化する原因にもなります。
口呼吸はデメリットが多いので意識的に治すようにして、就寝中などの意識することが難しい場合には睡眠テープの使用歯医者で相談してみましょう。

また、口を潤わせるためにこまめな水分補給をすることも大切です。
ガムを噛むなどして唾液の分泌を促しましょう。
この時、キシリトール配合のガムを噛むとむし歯予防の効果も期待できるためおすすめです。

よくある質問

口内炎はうつりますか?

口内炎の中にはウイルスや細菌が原因のものがあります。
その場合には感染症のため、うつる可能性があります。

口内炎にはちみつをつけるとよいのですか?

科学的な根拠はないと思います。
痛みがある時ははちみつではなく、市販薬を使用しましょう。

痛みがない口内炎はありますか?

口内炎はさまざまな種類があり、痛みがない物もあります。
特に舌がんなどは初期症状では痛みがないこともあるので、放置せず2週間以上そのままであれば歯医者を受診しましょう。

口内炎を引き起こす原因は何ですか?

はっきりした原因は分かっていませんが、ストレスや生活習慣の乱れが関係しているといわれています。
また、お口の中の傷やウイルスが原因のこともあります。

口内炎ができないようにするにはどうしたらよいですか?

充分な睡眠や正しい生活習慣を整えることが大切です。
バランスの取れた食事と睡眠でしっかり休養を取りましょう。

▲ ページTOPに戻る

著者 Writer

著者画像
松田 覚
資格:歯科医師

【患者さまへひとこと】
虫歯や歯周病を放置するのが一番よくないことです。
怖がらずご相談下さい。
解決方法を見つけましょう。

MEDICAL

一般歯科アイコン

一般歯科

むし歯や歯周病の予防や治療、入れ歯、義歯など歯に関する治療をおこないます。一般歯科とは基本的に保険の適用範囲内の治療を指します。

大人の予防歯科アイコン

大人の
予防歯科

お口の健康を守るためには歯医者でのケアが大切です。自分では取り切れない汚れなどを除去していきます。治療は一度終えたら完了ではなく、定期的に治療することでより高い予防効果を発揮します。

子どもの予防歯科アイコン

子どもの
予防歯科

子どもの歯は大人の歯に比べて虫歯になりやすいです。自宅のケアだけでは汚れを除去しきれないので、プロのケアも大切です。子どもに合わせてブラッシング指導などもおこないます。

矯正歯科アイコン

矯正歯科

歯の矯正方法「全顎矯正治療」「部分矯正治療」「インビザライン (マウスピース矯正)」についてご紹介しています。

審美歯科アイコン

審美歯科

歯の本来の機能を回復することを重視しつつ、より白く・歯並びを綺麗に揃える・歯の形を良くするなど、美しさを視野に入れた治療をおこないます。

口腔外科アイコン

口腔外科

親知らずの抜歯やインプラントの治療をおこないます。親知らずによってお口のトラブルを引き起こすことがあるため早期の治療が大切です。

ABOUT US

柏などがや歯科クリニック

住所

〒277-0032
千葉県柏市名戸ヶ谷
741-18

最寄駅

アーバンパークライン新柏駅より徒歩23分

駐車場

4台完備

09:00〜18:30
お電話でのお問い合わせ

04-7136-7811

 
WEB予約24時間受付

BACK TO TOP

診療案内アイコン

診療案内

WEB予約アイコン

WEB予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー